読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風間トオルさん 極貧から学んだこと。「大抵のことはなんとかなる!!」

風間トオルさん 極貧から

学んだこと「大抵のことは

なんとかなる!!」

先日所さん林修さんの新番組、

人生で大事な事は〇〇から

学んだが放送され、その中でも

衝撃であった風間トオルさん

の話の事をまとめて感想

書いてみたいと思います。

 

風間トオルさんの幼少時

極貧生活をされていたと

前にテレビで聞いた事が

ありましたが、詳しくは

知らなかったので結構

衝撃でした。

 

5歳ぐらいの時に両親の

離婚問題で母親、父親

どっちと暮らすかの選択を

求められて父親を選択する。

父親、祖父母との生活が

始まり1週間ほど経った

頃に父親は家出。

ここから極貧生活が

始まった。

 

一番大変だったのが

空腹との戦いで学校

給食も一人分ではとても

足りないので休んでいる

生徒を毎朝確認して

その分をもらい食べて

いた。

家での食事はたくわんと

おかゆがほとんどで

全く足りなかった。

家は雨漏りはもちろん

するし、隙間だらけの

部屋でカマキリがよく

入ってきたので

食べていたとのこと。

理由は野菜の色を

してたから。

f:id:umee3710:20170117234237p:plain

 

風呂もなく銭湯へも

行くお金がなかった

ので洗濯機で体を

洗っていたそうで

服を着て底のスクリュー

に触れないように

して入って服も

身体も一緒に洗えて

一石二鳥と言って

いた。

 

極貧でもイケメンで

ありモテモテで

バレンタインには

チョコを沢山もらった。

そのチョコを

365個に切って

冷蔵庫にしまい

毎日一個ずつ食べて

糖分をとっていた。

ホワイトデーのお返し

にはお金がなく

プレゼントは買えない

ので松ぼっくりを

拾ってデコレーション

し、プレゼントして

いた。けっこう好評で

毎年チョコをもらえたそう。

 

こんな感じで映像とともに

話もされていました。

一番に思ったことが

想像がつかない

ぐらいの苦労で

かなりつらい幼少期

だったのにそんな感じ

には見えないところで

笑い話にしている

トオルさんが凄いと

思いました。

あと困った事が

起きても自分で考えて

行動して何とかする

ところとか子供なのに

すごい想像力で

感動しましました!!

 

トオルさんは20歳の時

転機がありモデルになり、

その後俳優でどんどんお金を

稼ぐようになり、バブル

期でもあったため、

飲んで踊って毎晩

お金を使う日々。

しかし、違和感を

覚えおばあちゃんの

事をふと思い出す。

 

幼少期家にカニの行商

が訪ねてきて、一度は

断るもののその行商

も極貧だった事を聞き

おばあちゃんはなけなし

のお金でカニを購入。

残金は5円ほど。

その次の日にカニを

全て茹でてご近所に

配った。

 

その後ご近所さんから

煮物や野菜等、様々な

物を持って来てくれた。

この事を思い出し、

毎日遊びに行くのを

改めたそう。

トオルさんがおばあちゃん

から学んだこと「お金の価値は

使い方で変わる」

 

このエピソードで

トオルさんはカニを

買って5円しかなくなったけど

カニを少しずつ食べて

行ったらなんとか

食べていけると思って

たそうですが、おばあ

ちゃんは翌日、カニを

全部茹でてご近所さん

に振舞ってたことに

ビックリ!!おばあちゃん

に明日から大丈夫⁇って聞いたら

なんとかなるよ」って笑顔で

言われたそう。

そして翌日から

ご近所さんから色々な物

を貰い、トオルさんは

本当になんとかなった

とおばあちゃんの

懐の深さを話されて

ました。

 

私もおばあちゃんには

可愛がってもらって

たので、おばあちゃん

の事を思い出して

感動しました。

私のおばあちゃんは

ずいぶん前に亡くなって

ますが、とにかく人に

何かをプレゼントする

のが好きな人で、

ご近所さんや友人と

出会う時はお菓子や

お花、小物などを

持って行ってました。

喜んでもらえるのが

嬉しかったみたいです。

亡くなってからは

ご近所さんや

友人に出会うと

お仏壇にお供えして

とお仏壇にはいつも

おばあちゃんの好物

が並んでいるので

凄い人だなぁ〜と

思うしなんか

感じで

大好きです!!

 

トオルさんも

ずっと極貧では

あったけどおばあちゃん

や周りの方々の温かい

心で立派になられた

んだと思いました!!